豊田で『相続税』なら【税理士法人心 豊田税理士事務所】

税理士法人心

  1. 続きはこちら
  2. 続きはこちら
  3. 続きはこちら
  4. 続きはこちら
  5. 続きはこちら

選ばれる理由一覧はこちら

お客様相談室

税理士法人心のお客様相談室とは

当法人では,サービス向上のため,お客様相談室から依頼者の皆様にアンケートをお送りしています。お客様の率直なご意見をお待ちしております。

税理士が全国対応

相続税申告について聞きたいことがあるが,できるだけ家から出たくないという方のために,電話相談・テレビ電話相談をしております。お気軽にお電話ください。

相続税のよくあるご質問

相続が発生している方もまだ発生していない方も,相続税とはどのようなものかイメージを持っていただくためにQ&A形式でよくあるご質問を掲載しております。気になった点は,税理士にご相談ください。

相続税における大切な情報

相続税申告は,知らないと税額が大きく変わってくる決まりがたくさんあります。税務署が親切に全て教えてくれるとは限りません。上記お役立ち情報を参考にご覧ください。

新着情報

新着情報をご覧ください

税理士法人を含む心グループは,一体として営業し,トータルサービスを心がけております。全体に関わる営業時間等は,こちらからご覧ください。

  • 選ばれる理由へ

税理士紹介へ

相続税を得意とする税理士

相続税申告を適切に行うためには,十分な民法の理解も必要となります。税理士法人心は,弁護士資格をもった税理士が在籍しておりますので,安心して申告をご依頼ください。

スタッフ紹介へ

心グループのスタッフ紹介

相続税でご不安を抱えたお客様のために,できる限り丁寧で迅速なサービスを心がけております。税理士をお探しの方は,フリーダイヤルへお電話ください。

駅に近い便利な税理士事務所

当法人の税理士事務所は,豊田市駅から徒歩3分,新豊田駅から徒歩5分の場所に事務所を構えています。また,無料のヴィッツの駐車場直結ですので,お気軽にご来所ください。

相続税と新型コロナウイルス

  • 文責:所長 税理士 武田彰弘
  • 最終更新日:2021年9月16日

1 相続税の申告期限と新型コロナウイルスの関係

相続税の申告期限は、原則は、相続開始があったことを知った日の翌日から10か月以内です。

例えば、被相続人が2月1日に亡くなったのであれば、12月1日が申告期限となります。

12月1日が土日祝日であれば、その翌日の平日が申告期限となります。

しかし、例えば、新型コロナウイルスに感染してしまって、思うように申告書作成に必要な資料が収集できない、申告を依頼し相続税申告書を作成してくれるはずの税理士が新型コロナウイルスに感染してしまい、申告書の作成ができていない、といった場合にまで、一律にこの10か月の申告期限を厳守しなければならないというのは、納税者にとってあまりに酷といえます。

そこで、このようなケースを救済するために、例外的に、「災害その他やむを得ない理由」があり申請をすることで、期限の延長が認められます。

新型コロナウイルスによる影響もこの「災害その他やむを得ない理由」に含まれるということで、申告期限の延長が認められます。

なお、個人の確定申告では、一律に期限の延長が認められおり、令和2年分の申告は、令和3年4月15日までに行えばいいことになっていますが、相続税申告に関しては、一律の期限延長までは認められていません。

2 期限の個別延長についての令和3年4月15日以前の運用

令和3年4月15日以前の運用では、期限延長手続きは、申告書に延長する旨の文言を記載するだけでした。

特に、何か申告書とは別に、理由の説明書を作成する必要もなく、簡易な方法により、期限延長の手続きが可能でした。

次に、新型コロナウイルスに感染したことが、「災害その他やむを得ない理由」となるということは当然ですが、新型コロナウイルスから受ける間接的な影響を理由とすることがどこまで認められるか、ということが重要となってきます。

国税庁の「国税における新型コロナウイルス感染症拡大防止への対応と申告や納税などの当面の税務上の取扱いに関するFAQ」の記載によると、「感染拡大により外出を控えている」ということも理由と認められていました。

「感染拡大により外出を控えている」というのは、ほぼどの人にも当てはまり、厳密な確認をしようがないように思えます。

実際、こういったかなり緩い要件で期限の延長が認められていました。

3 期限の個別延長についての令和3年4月16日以後の運用

いつまでも令和3年4月15日以前の運用が続くことはなく、期限延長を申請する場合には、期限までに申告等をすることができないやむを得ない理由を具体的に説明しなければならないという、運用の発表が、令和3年4月6日にありました。

これによると、令和3年4月16日以後の期限延長に関しては、災害による申告、納付等の期限延長申請書に、具体的に個々の状況を記載し、提出する必要があります。

やむを得ない理由の具体例としては、「国税における新型コロナウイルス感染症拡大防止への対応と申告や納税などの当面の税務上の取扱いに関するFAQ」の記載からは、「感染拡大により外出を控えている」という記載例が削除されました。

「感染拡大により外出を控えている」という記載例に近いものとしては、「新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づき、生活の維持に必要な場合を除き みだりに自宅等から外出しないことが求められ、在宅勤務の体制も整備されていない等の理由から、経理担当部署の社員の多くが業務に従事できないこと」により「企業や個人事業者、税理士事務所などにおいて通常の業務 体制が維持できない状況が生じたこと」とあり、令和3年4月 15日以前よりもかなり具体性や客観性が求められ、運用が厳格になっていることがうかがえます。

※参考リンク:国税における新型コロナウイルス感染症拡大防止への対応と申告や納税などの当面の税務上の取扱いに関するFAQ

4 新型コロナウイルスを理由に期限延長を考えていた方は注意が必要です

このように、相続税を含め税金に関する制度や運用は変更が多く、発表されてから実際の運用の適用までの期間がかなり短くなることも多くあります。

こういった税制の運用変更を、専門家以外の方が常に情報収集しておくというのは、現実的に難しいといえます。

相続税についてご不安に感じている方は、いつでも当法人にご相談ください。

相続税に強い税理士に相談するべき理由

  • 文責:税理士 武田彰弘
  • 最終更新日:2021年9月14日

1 相続税の申告に対応できない税理士も多い

国税庁の発表によると、年間約11万件の相続税申告がなされています。

所得税申告が年間2200万件以上、法人税申告が年間290万件以上ということを考えると、相続税は圧倒的に申告件数が少なく、税理士が相続税の申告に触れる機会は少ないといえます。

大半の税理士は、法人税や所得税の確定申告を主な業務としていますので、相続税法の知識が十分とはいえない税理士も確かに存在します。

また、そういった税理士は、納税者と所得税や法人税に関して顧問契約を結んでいますので、顧問業務と並行して、突発的に発生し、相続を知った日から10か月以内という期限が厳しい相続税申告に対応しようにも、時間が十分に取れないということも考えられます。

2 相続税の申告を得意とする税理士は少ない

税理士の登録人数は全国で約7万人ですが、相続税申告数から単純に計算して、税理士一人あたり年間1件から2件程度の申告しかしないことになります。

他方、税理士の中にも、相続税申告を集中的に扱っている税理士がいます。

そのため、年間何十件も相続税の申告をこなしている税理士も、相続税の申告を一度も行ったことのない税理士も、どちらもいるというのが実情です。

さらに、相続税の申告をしたことのない税理士は、他の相続税に強い税理士に申告書作成の依頼をすることもあります。

そのため、相続税の申告に対する経験と知識は税理士ごとにかなりの格差があり、その格差は、開き続けるといえます。

3 相続税の申告を依頼するのを避けたほうがよい税理士

上記のように、相続税申告を依頼された税理士が他の相続税に強い税理士に頼むと、仲介する税理士がいるぶん時間も費用も余分にかかる可能性がありますので、避けたほうがよいといえるでしょう。

また、相続税の申告に慣れていない税理士は、自分のミスで税務調査が入っても追徴課税が発生しないように、無難に高めの税額で申告をすることもあるといわれています。

更には、相続税の知識がある税理士資格を持たないスタッフが申告書の大部分を処理して、税理士は出来上がったものを確認するだけということもあるようです。

受付の電話はともかく、実際に相談するのが税理士でない事務所への依頼は避けたほうがいいといえるでしょう。

4 相続税に強い税理士に相談すべき理由

相続税は、申告する税理士によって変わってくるといわれています。相続税評価額を算出する財産評価は、相続税の申告に慣れていない税理士には難しく、減額要素を見逃したり、税額を軽減できる特例の適用を見逃したりすることもあります。

また、相続税を集中的に取り扱っていない税理士は、相続税申告書を作成するのにかなりの時間がかかることを見越して、税理士報酬を高く設定する傾向にあります。

他方、相続税を集中的に取り扱っている税理士は、申告書作成に慣れているので、慣れていない税理士に比べ一件あたりにかける時間が少なく済み、税理士報酬を相場より低くしても利益がでることもあり、相場よりも低めで報酬設定をしていることが多いです。

なお、相続税に強い税理士であれば、最初の相談の段階である程度申告書作成の見通しがつくため、見積もりも早く出してもらえることが多いです。

5 税理士に実際に会うことの重要性

上記以外にも、相続税の申告を行う税理士との相性も大切です。

相続税の申告は、相続財産を全て開示する必要があるだけでなく、ときには家族関係についても話さなければならないこともあります。

被相続人が生前贈与をしている場合であれば、相続人の財産の確認が必要になることもあります。

そういったデリケートなお話をしやすいかどうかは、実際に会ってみなければわからないことも多いです。

税理士法人心は、豊田市駅の近くに事務所を構えております。

豊田にお住まいの方は、お気軽にご相談ください。

相続税と非課税財産

  • 文責:税理士 武田彰弘
  • 最終更新日:2021年9月9日

1 相続税と非課税財産

相続税は、原則として、相続開始日時点で、相続人が所有していた財産に課税がされます。

ただし、例外的に、相続税が課税されない財産があります。

相続税が課税されない財産と言われている主なものは、以下のとおりです。

  1. ①墓地や墓石、仏壇、仏具等、日常的に礼拝をしている物
  2. ②宗教、学術等公益を目的とする事業を行う一定の個人などが相続や遺贈によって取得した財産で公益を目的とする事業に使われることが確実なもの
  3. ③地方公共団体の条例によって、精神や身体に障害のある人又はその人を扶養する人が取得する心身障害者共済制度に基づいて支給される給付金を受ける権利
  4. ④相続等によって取得した生命保険金のうち500万円に法定相続人の数を掛けた金額までの部分
  5. ⑤相続等によって取得した退職手当金等のうち500万円に法定相続人の数を掛けた金額までの部分
  6. ⑥個人で経営している幼稚園の事業に使われていた財産で一定の要件を満たすもの
  7. ⑦相続や遺贈によって取得した財産で相続税の申告期限までに国又は地方公共団体や公益を目的とする事業を行う一定の法人に寄附したもの、相続や遺贈によって取得した金銭で、相続税の申告期限までに特定の公益信託の信託財産とするために支出したもの

2 相続税の非課税財産と相続税対策

⑴ 墓地及び墓石の購入

相続開始後、相続人が墓地や墓石を購入しても、債務控除することはできません。

単純に、相続人が自分の財産から支出しただけになります。

他方、生前に墓地や墓石を購入しておけば、その分だけ、相続財産が少なくなるといえます。

そして、墓地や墓石は非課税財産ですので、課税されません。

なお、墓地や墓石の未払金が残っていた場合には、債務控除できないという落とし穴もありますので、無くなる直前に慌てて購入するというのではなく、計画的に生前に購入し、代金の支払いまでしておいたほうがいいといえるでしょう。

⑵ 保険金

保険金は、既に述べたとおり、500万円に法定相続人の数を掛けた金額まで非課税となります。

そのため、財産を現金で保有しているよりも、一時払の終身保険に加入するなどしておくほうが、相続人が受け取る財産の総額は変わらず、相続税を少なくすることができます。

⑶ 退職金

死亡退職金も保険金と同様に500万円に法定相続人の数を掛けた金額まで、非課税財産となります。

非上場会社の役員の方ですと、保険金だけでなく、死亡退職金の非課税枠を有効に利用することができます。

保険金の非課税枠は、500万円に法定相続人の数を掛けた金額まで非課税となるという限界があります。

個人でその金額以上の保険に入っても、相続税から考えると意味がありません。

しかし、非上場会社を契約者、被保険者を役員、受取人を非上場会社としておき、役員死亡時に非上場会社が保険金を受け取り、その金額の範囲内で、役員に対し、死亡退職金を支払えば(適正な死亡退職金でれば非上場会社の経費となります)、死亡退職金についても非課税枠を使用することができ、相続税を少なくすることができます。

3 相続税対策と税理士の重要性

相続税対策は、その方にあった対策が必要となります。

例えば、不動産会社に相続税対策の相談をした場合、マンションを建てることしか提案しませんが、その前にできる、より有効な相続税対策がある場合もあります。

また、相続税対策として、間違っているとまでは言えないものの、必要以上に相続税対策を行いすぎて、相続税は減るもののそれ以上に相続財産が減ってしまった方いらっしゃいます。

実際に相続税対策をする前に、相続税のシミュレーションをして、自分に合った相続税対策は何かということを専門家に相談することをお勧めします。

相続税と法定相続人

  • 文責:所長 税理士 武田彰弘
  • 最終更新日:2021年9月7日

1 相続税の基礎控除額と法定相続人の関係

相続税は、基礎控除額以上の相続財産がなければかかりません。

基礎控除額は、法定相続人の人数で決まり、3000万円に、600万円に法定相続人の人数を掛けた金額を加えて、算出した金額となります。

そのため、法定相続人の人数によって、相続税がかかるかどうか、また、相続税の額が大きく変わってきます。

2 特別養子縁組による養子がいる場合の相続税

相続税法上、特別養子縁組より養子になったものは、被相続人の実子と同じ扱いを受けます。

ですので、被相続人に実子が1人、普通養子が2人、特別養子縁組による養子が1人いる場合には、普通養子は1人までしか法定相続人の数に算入されず、実子1人、普通養子が1人、特別養子縁組による養子が1人、合計3人が法定相続人の数に算入され、基礎控除額は4800万円になります。

3 相続開始前に死亡した養子に子がいる場合(出生の時期による違い)の相続税

被相続人の養子に子がおり、被相続人の相続開始前に養子が死亡している場合、養子の子が養子縁組前に出生しているか、養子縁組後に出生しているかによって、相続税法上扱いが異なります。

被相続人とその養子のうち養子縁組後に出生している子のみが基礎控除額を計算する場合の法定相続人の数に含まれます。

ですので、被相続人の養子が相続開始前に死亡しており、代襲相続人(養子の子)が2人いて、そのうち1人は養子縁組前に出生、もう1人は養子縁組後に出生している場合には、基礎控除額を計算する場合の法定相続人の数は、養子縁組後に出生した養子1人のみになり、基礎控除額は3600万円となります。

代襲相続において、養子の子は、養子縁組後に出生している場合に、実子とみなされるということに注意が必要です。

4 被相続人の再婚した配偶者の実子(連れ子)が養子となっている場合

相続税法上、被相続人の再婚した配偶者の実子(連れ子)が養子となっている場合には、その養子は実子とみなされます。

ですので、被相続人に実子1人、養子2人、その養子のうち1人は被相続人の配偶者の実子(連れ子)である場合には、実子1人、実子とみなされる被相続人の配偶者の実子(連れ子)1人、養子1人の合計3人が基礎控除額を計算する場合の法定相続人の数に算入されます。

5 死亡した養子の代襲相続人がいる場合

相続税法上、被相続人の養子が相続開始時点ですでに死亡している場合には、その養子の子(養子縁組後に出生)は、法定相続人の数を算定するうえでは、実子と同じ扱いとなります。

また、実子がいる場合において、基礎控除額を算出の基礎となる法定相続人の人数に加算できる養子の人数は1人までとなります。

ですので、被相続人の養子が3人いて、養子のうちの1人が相続開始前に死亡しており、その死亡した養子には、養子縁組後に出生した子供が2人いる場合、基礎控除額を計算する場合の法定相続人の数は、実子が2人(養子の子供2人)と養子1人(実子がいる場合には、養子は1人まで算入できる。)、合計3人となります。

6 相続人が兄弟姉妹の子・孫である場合の相続税

被相続人の兄弟姉妹が相続人となる場合(直系卑属、直系尊属がすでに死亡している場合)で、すでにその兄弟姉妹が亡くなっていれば、その兄弟姉妹子、つまり被相続人からみると甥姪となる者が代襲相続人となります。

しかし、この甥姪が亡くなっている場合には、再代襲は認められていません。

ですので、被相続人の死亡時に、被相続人の妹と弟の孫(弟及び弟の子がすでに死亡しているとする。)の2名が存命している場合には、被相続人の妹のみが相続人となり、弟の孫には、再代襲が認められず、相続人ではないことになります。

基礎控除額を計算する際には、法定相続人は1人として算出します。

このように、被相続人の子及び孫が相続開始時点で、死亡している際には、再代襲が認められ、ひ孫が相続人となるのに対し、兄弟姉妹の孫には再代襲が認められないという違いがあるので、注意が必要です。

7 同時死亡の場合の相続税

同時死亡した場合の被相続人の相続について、その同時死亡した者の間に相続は発生しません。

また、同時死亡は、代襲相続の原因となります。

妻と長男がいる被相続人が交通事故で死亡し、被相続人が運転する自動車に同乗していた妻も同時に死亡したと推定される場合には、長男のみが相続人となります。

さらに、仮に、長男に子供(被相続人からすると孫)がいる場合で、長男も被相続人と同じ交通事故で同時死亡した場合は、孫が相続人となります。

このように同時死亡の場合には、相続税法上の法定相続人も民法と同じ扱いになります。

相続税について何かご不明な点がありましたら、税理士法人心までお気軽にご相談ください。

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ

相続税に関するご相談をしていただけます

相続税申告が必要になったら

相続税申告という行為は、多くの方にとってあまり経験のないものかと思います。

相続税の申告において万が一誤りや不適切な点などがあった場合、税務調査が入ってしまい、後から新たに税金がかってしまうことがあります。

相続税の申告には知識や経験が必要となる場面が多々ありますので、ご自分ではしっかりと行ったつもりであっても、思わぬところで誤りが生じてしまうこともありえます。

そのようなことが起こらないようにするためにも、相続税に詳しい税理士にご相談いただくことが重要です。

税理士法人心への相続税に関するご相談

税理士法人心では、相続税に関するご相談を数多く承っています。

相続税申告に関するご相談はもちろん、相続税に関して税務調査が入ってしまうおそれがある場合のご相談に関しても承っています。

必要に応じて他の士業とも連携しながら業務にあたっておりますので、幅広いご対応が可能です。

当サイトでは、豊田にお住まいの方にむけて相続税に関する情報や、相続税のことを税理士にご相談いただく場合の情報などを掲載しています。

相続税の申告を行う必要がある方、相続税について何か問題が生じてしまっている方などは、当法人にご相談ください。

お問合せ・アクセス・地図へ